店舗こそ空き巣の対策をする

店舗こそ空き巣の対策をする

 

空き巣。泥棒。侵入盗。盗人。物盗り。賊。素っ破。

 

ホビーショップに空き巣が入ると、ドアの鍵はこじあけられ、ガラスは割られ、ショーケースは破壊され、商品が盗まれます。

 

警察の現場検証で時間がとられ、片付けが終わるまでは営業もできなくなります。たとえ犯人が捕まっても盗まれた商品やお金が返ってくるともかぎりません。空き巣は商売人にとって迷惑なことばかり。マイナスばかりでプラスはひとつもありません。

 

警察庁が発表している平成27年のデータによれば、全国で年間86373件(約618世帯に1件)の侵入窃盗被害が発生しています。そして空き巣の検挙率は、50%から60%で推移しています。半分は犯人が捕まっていません。

 

お店だから空き巣になんて入られないよ。

 

いいえ、そんなことはありません。彼らは留守が確定している、無施錠、万一の時に逃げやすい、侵入しやすいところを狙います。警察庁の統計資料によれば、平成27年度の侵入窃盗のうち商店の被害は7.5%です。被害件数は一戸建てやマンションなどの一般住宅が多くても、被害金額は商店のほうが多くなっています。

 

営業時間が決まっていて、インターネットで定休日が告知され、閉店すれば人がおらず、外観から人がいないことがわかる、そして高額な商品が並んでいる。それが店舗です。

 

犯罪者の盗人にとっては、ホビーショップもターゲットのひとつになります。小売店こそ泥棒の対策をしましょう。

 

 

 

【空き巣を入らせない5つのポイント】

 

 

店に空き巣を入らせないポイントは5つあります。

 

・油断しない、金を置かない
・防犯チェックする
・侵入までに時間がかかると思わせる
・入らせない
・すぐに通報される体制をとる

 

です。

 

 

 

【油断をしない、金を置かない】

 

 

空き巣が狙うのは現金と換金できるもの、しやすいもの。

 

お店なら売上金、釣銭を残してはいけません。閉店処理をして帰るときは現金を抜き、レジや券売機には鍵をかけず開け放しておきます。中に金がないことをアピールしておきましょう。店内に金を絶対に残さないようにします。

 

またホビーショップの商品は、リサイクルショップ、ネットオークションなどで売ることができるので、トレカのように高額な商品は金庫にしまって帰りましょう。

 

泥棒はいきなり侵入することは、ほとんどありません。何度か下見をします。営業中に客を装って高額商品の場所、レジのあるところ、従業員数などを調べに来ています。

 

 

 

【日頃から防犯チェックをしておく】

 

 

侵入盗のもっとも多い手口として「窓のガラス割り」「出入り口のガラス」割りが半数以上を占めています。ガラスは網入りや強化ガラスにします。少なくともガラス一面に防犯フィルム(保険付き)の厚さ330〜660ミクロンのものを貼りましょう。

 

割れたガラスが飛び散らないガラス飛散フィルムでは意味がありません。フィルムを張ることで防犯ガラスになるほどの厚手のフィルムを使ってください。もちろん、無施錠なんて言語道断。

 

ドアの鍵もピッキングに時間のかかる物に交換します。窓の近くには踏むと音がなる防犯砂利を敷いておきましょう。自分が泥棒ならば、鍵以外の方法でどう入るか想像することが必要です。

 

 

 

【侵入までに時間がかかると思わせる】

 

 

空き巣の約7割は鍵が5分以上開かないと侵入をあきらめる、というデータがあります。補助錠をつけることで時間がかかると思わせ、侵入をあきらめさせる効果があります。

 

犯人が嫌がるのは見つかること、捕まること。賊が侵入しようとすると音や光で警告する屋外用または屋内用のセンサーライトを設置しましょう。

 

 

 

【泥棒を店内に入らせない】

 

 

防犯グッズも泥棒には有効ですが、一番は警備会社にお任せすること。入口や裏口に警備会社のシールが貼ってあるだけでも効果は絶大です。

 

無料で資料請求【ALSOK】綜合警備保障はこちら

 

 

 

【すぐに通報される体制をとる】

 

 

設置された警備会社のセンサーに空き巣がひっかかると、警備業法によればおよそ10分から20分程で警備員がかけつけてくれます。

 

残念ながら警備員は犯人を逮捕することはしません。なにより警察のように車のサイレンを鳴らして一般車を停止させて現場に向かうこともできません。そのため通報のあった現場に到着するのはどうしても時間がかかります。

 

それでもドアがこじあけられていたり、窓ガラスが割られていれば警察に通報してくれますし、火や煙がでていれば消防に連絡してくれます。現状は維持してくれます。被害を未然に防ぐことができたり、店が火事で全焼することを防げるかもしれません。

 

 

 

>>うざい、しつこい営業電話の断り方