後継者不足で廃業する店を買収しよう

後継者不足で廃業する店を買収しよう

廃業するホビーショップを買収しよう

 

2017年、全国で約8400件の企業が倒産しています。倒産の理由は「借金が返済できない」が基本です。ただし、この8400件の倒産には自分の意思で会社をたたむ廃業は含まれていません。

 

毎年、多くの中小企業が廃業しています。個人のホビーショップの場合、廃業の理由のひとつに後継者不足があります。

 

・店を継ぐ子供がいない
・子供はいるけれど継ぐ意思がない
・従業員はいるけれどやりたがらない

 

何年も店をやってきて地元で知らない人はいない。固定客も相当数いる。雑誌やテレビで紹介されたこともある。未完成な店ではなく、すでにできあがっている完成された店を買収するメリットやデメリット、方法をここではお教えします。

 

ちなみに買収の意味は「買い取ること」です。

 

 

 

【既存店を買収するメリット】

 

M&A

 

すでにある店を買い取るメリットは「知名度」と「固定客」が手に入ることに尽きます。

 

ずっとその場所で商売を続けていることは地域の人なら知っています。それだけ集客する手間が省けます。長く営業していれば、とうぜん固定客(常連客)もいるでしょう。既存店を買い取ることは、その知名度と固定客をまるごと手に入れられることと同じです。

 

ただし既存店を買い取る場合、取り扱う商品を大きく変更することはおススメしません。できません。

 

たとえば鉄道模型の専門店をフィギュアショップにしてしまうようなことは絶対にやめましょう。ミニカーショップをガンショップに、模型店をゲームショップにする、デフォルメフィギュア専門店をスケールモデル専門店にするのも・・・です。

 

もともとあった店のイメージを変更するために新たに宣伝・集客しなければなりませんし、固定客(常連)が離れる危険性があります。

 

 

 

【既存店を買収するデメリット】

 

買収

 

個人店の場合、店主の個性がそのまま店のカラーになります。店の品ぞろえよりも店主の個性や接客態度に惚れたお客様は、あなたが店主になったら離れるかもしれません。

 

あとは迷惑な固定客の存在もそのまま引き継ぐことになります。予約しても平気でキャンセルをする。何度も買わないのにやってきて長居する。買うことよりも何度も顔を出すことが常連だと勘違いする。こんな迷惑な人間は、経営者が変わると同時に切りましょう。乞客は切るのが基本です。予約もよほどの常連客以外は前金で全額入金方式に変更します。

 

前の店のイメージが強烈に残ることもメリットでありデメリットになります。同じ商品を扱うのであれば強力なメリットになりますが、違う商品を扱うとデメリットに早変わりすることに注意が必要です。廃業する店を買収するときはできるかぎり同じ商品を扱いましょう。

 

 

 

【既存店を買収する方法】

 

貢ぐ

 

個人のホビーショップが廃業する理由はいくつかあります。年齢で体が大変、気力が尽きた、無理ができない、後継ぎがいない、金がない、地震など天災の被害にあって立ち直れない、等。

 

あなたが最初にすべきは買収したいお店を探すこと。自分が扱いたい商品を売っている店をみつけてください。そして、そのお店の「良いお客様になる」ことです。何度も行って、そのたびに買う。自分のツイッターやブログでお店を宣伝し応援する。友達を紹介してもいいですね。

 

店主と信頼関係を築きましょう。お店を継ぐ、買収するにしても店主に信頼されなければスタート地点に立つことはできません。店主と仲良くなったら「いつか、こちらのようなお店をもつのが夢です」と打ちあけます。あとはチャンスを待つだけ。もちろん働いて資金を貯める、インターネットで販売するなどの準備を忘れてはいけません。

 

仮にその店を買収できなくても、あなたに売るスキルが身についていれば自宅で開業すればいいだけなのですから。

 

 

 

>>ホビーの仕入れについて(問屋と付き合う方法)