テレビやラジオ、マスコミに取材される店の特徴

【無料】パソコンが苦手。インターネットの集客なんて無理!そんなアナタに

ホームページとして使えてSEO対策にも強い。
>>2分でかんたん登録完了。なんと8割がエキテン経由のお客様!

テレビやラジオ、マスコミに取材される店の特徴

 

【マスコミ活用法】

 

お店をできるだけ多くの人に知ってもらいたい。一番の方法はマスコミに取り上げられることです。

 

マスコミには

 

・テレビ
・ラジオ
・新聞
・雑誌(本)
・タウン誌

 

などがあります。

 

とくにテレビは地方局でも宣伝効果が絶大。

 

いくらインターネットが普及したといっても、テレビの力はまだまだ強い。あなどれません。

 

お店を早く軌道に乗せたいのであれば、マスコミを活用しましょう。

 

わたしの美少女フィギュア専門店・限定市場も、過去にテレビ2回、ラジオ1回の取材を受けています。

 

 

 

【マスコミはどこからあなたの店にやってくる】

 

 

わたしの店は清水区のエスパルス通り商店街にあります。当時、エスパルス商店街には年に2回ほどテレビの取材がやってきました。

 

その時、偶然わたしの店をみつけたディレクターさんが取材してくれたのがテレビ出演の始まり。

 

マスコミは常にニュースや話題になるネタを探しています。何か有名な店や施設が近くにある。商店街に店がある。珍しい(ネタになる)店がある。

 

日本初の美少女フィギュア専門店・限定市場が取材されたのは偶然でなく、必然だったのかもしれません。

 

 

 

【マスコミはインターネットからもやってくる】

 

 

ラジオの取材が来たとき、わたしの店をどうやって知ったのか女性アナウンサーに聞きました。

 

そのアナウンサーは漫画やフィギュアが好きで、検索エンジンにて「清水区 フィギュア」といったキーワードで検索し、当店のホームページを見つけたそうです。

 

つまり、マスコミもインターネットで情報を検索しているのです。

 

ホビーショップにおけるホームページ、ブログ、ツイッターの重要性、必要性が理解していただけたでしょうか。

 

 

 

【過去の取材データからもマスコミはやってくる】

 

 

一度マスコミに取材されると、あなたの店の取材データが残ります。他局で放送されていることを知り、別の局がやってくることもあります。

 

一度取材されたデータは消えません。時間がたってから同じテレビ局がまた取材に来ることも。

 

 

 

【情報を二次活用すべし】

 

 

マスコミに取材される。これが一次活用。マスコミに取材されたことをお店の宣伝材料に使う。これが二次活用です。

 

新聞に掲載された。テレビで取材された。その様子をホームページやブログに掲載することで、より信用が得られます。テレビや新聞に掲載されると、店の信用度が上がります。

 

 

 

【プレスリリースを出そう】

 

 

マスコミが取材にやってくるのを待っていたら、いつまでたっても取材されないかもしれません。そこでプレスリリースを出しましょう。

 

プレスリリースとは雑誌社や新聞社、テレビ局といった報道機関に向けて、あなたの店の情報を提供すること。

 

ただし、宣伝目的の売りこみは嫌われます。また単なる自慢でもいけません。

 

マスコミは常に自社の読者(視聴者)のために「どうしたら喜んでもらえるか」「どうすれば楽しんでもらえるか」を考えて情報を探しています。そんな情報を求めています。

 

大切なのはマスコミにとって

 

・役に立つ情報
・おもしろいネタ
・共感できること

 

です。

 

たとえば、パン屋がオープンしました。あなたなら、どちらに共感しますか。多くの人に知ってほしいと思いますか。

 

「美味しいパンのお店がオープンしました!来てください!」

 

「子供がアレルギーなので、美味しくて体にやさしいパンを作りました。子供のアレルギーに悩んでいるお母さんと子どもに食べてほしい!」

 

後者ですよね。

 

つまり、相手がマスコミであっても求めている情報は個人と変わりません。あなたの立ち位置は「こんな役立つ情報がありますけれど、どうですか」が最適なのです。

 

プレスリリースの書き方はAmazonで販売されている書籍を読めばわかります。

 

 

 

 

【まとめサイト、レビューサイトに取材してもらおう】

 

 

厳密にいえばマスコミではありませんが、好きな趣味の情報をまとめて紹介するのが「まとめサイト」です。

 

まとめサイトの運営者も、記事のネタが欲しいのはマスコミと変わりません。

 

たとえばホビログさん。当店をはじめ、藤沢市のマンボウさん、相模原市のデフォルメ屋さんなども取材されています。取材してほしいショップさんはメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

 

今後、ホビーショップの開業が成功する5つの基礎知識でも全国のホビーショップさんを取材・分析・紹介していきます。

 

 

 

【メーカー公式ブログに紹介してもらう方法】

 

 

これもマスコミではありませんが、問屋を通してメーカーショップ契約を結ぶことでメーカーのサイトにあなたの店がリンクしてもらえる場合があります。

 

相互リンクすることで、SEO効果もバカになりません。

 

メーカーにしても小売店は大切なパートナー。キャンペーンがあればサイトやブログ、ツイッターで告知してもらえるかもしれません。アオシマさんのようにブログで紹介されることもあります。

 

 

 

【タウン誌やフリーペーパーの掲載は効果があるか】

 

 

タウン誌。フリーペーパーとも呼ばれますが、一部の地域や地方だけで配布される無料の情報誌。お店の前や大型商業施設のラックで配布されています。新聞にチラシといっしょに入ることもあります。

 

まったく効果がないとは言えませんが、掲載にはたいてい金がかかります。無料ではありません。

 

もしも無料で掲載していただけるなら喜んで受けましょう。けれど有料での利用はおすすめしません。

 

利用するのであれば、かけた費用に対してお客様の来店というリターン(戻り)がどれだけあるか、費用対効果をよく考えてください。

 

わたしも一度、読者プレゼントの商品を提供するかわりに掲載していただいたことがあります。残念ながら「なんでも無料でクレクレくん」しか集まりませんでした。

 

 

 

>>ホビーショップのSEO対策について(あなたの店を検索エンジンで上位表示させる方法とは)

【無料】スマホ対応で本格的なWEB集客が可能。エキテン!

掲載店舗数450万店。あなたのお店はネットに存在していますか?
>>月に10人の新規客獲得!来客数が1.5倍のエキテン!