ホビーショップの内引き防止策

【無料】パソコンが苦手。インターネットの集客なんて無理!そんなアナタに

ホームページとして使えてSEO対策にも強い。
>>2分でかんたん登録完了。なんと8割がエキテン経由のお客様!

ホビーショップの内引き防止策

 

【内引きとは】

 

内引き(うちびき)とは、お店の営業時間内、営業時間外において、販売する商品やレジの金を、店員が盗む行為のこと。 窃盗罪であり、業務上横領罪とは異なります。

 

アルバイトだけでなく、雇われ店長や副店長が盗んでいることもあります。

 

 

 

【内引きの特徴】

 

 

内引きの特徴を以下に挙げます。

 

・従業員やアルバイトといった内部の人間(店員)が盗むため、手口が巧妙で不正を発見しにくい
・最初は少額だったのに、不正を繰り返すうちに数千・数万円と盗る金額がエスカレートしていく
・不正が発覚したときには数万円、数十万円という高額な被害になっている
・商品だけでなく、現金も盗む
・万引きよりも被害金額が大きい
・POS導入などをして在庫管理をしっかりしていないと、被害総額をつかみにくい
・一人だけでなく、アルバイトの仲間や友人と共謀することもある

 

 

 

【内引きの手口】

 

 

・商品を売ったことにして金を盗む(レジを空打ちする)
・捨ててあったレシートを拾い、返品したことにしてレジから金を盗む
・トレカ等を買い取ったふりをして金を盗む
・営業時間中や営業が終わってから店内の商品を盗む

 

 

 

【内引きを見抜く方法】

 

 

犯人は金が手に入るため、生活が派手になったり、身に着ける物が高価になあることもあります。新しいバイクや車を買うことも。

 

・高価な物を身に着ける
・高価な物をもっている
・はぶりがよくなる
・自宅に高級品がたくさんある(アルバイトの同僚から耳にする)
・他店に盗んだ商品を売りに来た(他店の店長から教えてもらう)
・特定の人物ばかり、レジの不明金や返金処理が多い

 

 

 

【内引きの防止策】

 

 

いつ、どこからやってくるかわからない万引きに比べ、犯人を特定しやすいのが内引き。防止策はそれほど難しくありません。

 

・在庫管理を徹底する
・POSレジを導入する
・レシートは必ず渡す
・店内や店外に落ちているレシートは破って捨てる
・レジを使う人間を決める
・担当ごとにレジ番号を決める
・返金処理が多い人間は気を付ける
・トレカの買取をした場合、明細書を発行する
・担当の組み合わせを変えてみる(不明金の発生をみる)

 

そもそもこのホームページでは、経費をかけないよう小さなお店を借りて一人で店番(一人店長)することを推奨しています。

 

手伝ってもらうのも家族にして、人件費を無料、または安くすませるようにしましょう。家族であれば不正はまずおきません。

 

 

 

【内引きを発見したら】

 

 

万引きとちがい「誰が」「いつ」「いくら盗んだ」かがハッキリしないことが多い内引き。犯人の自白だけで、確たる証拠がなかったりします。

 

そのため被害金額が小さかったり、犯人が未成年の場合、警察では被害届を受理しない(できない)場合もあります。

 

犯人が内引き行為を認め、いままで盗んだ商品やお金をすべて返済すればいいのですが、盗んだ金額を少なく伝えても、正しく伝えるとは思えません。

 

まず警察に被害届を出します。

 

あとは証拠を残す。会話をボイスレコーダーに録音し、内引きについて認めた事実を反省文にして残しておきます。

 

犯人はあなたと二人で話した時は内引きした事実を認めても、親や警察では否認する可能性があります。親は子供のいうことを信じます。あなたから事情を説明するより、警察から話してもらったほうが信じます。

 

 

 

【まとめ】

 

 

万引きも内引きも、盗む人間が悪い。けれど、盗みやすい、不正しやすい環境を放置している、管理をちゃんとしていない店側にも問題があると考えましょう。

 

 

 

>>ホビーショップのクレームや返品対応について

【無料】スマホ対応で本格的なWEB集客が可能。エキテン!

掲載店舗数450万店。あなたのお店はネットに存在していますか?
>>月に10人の新規客獲得!来客数が1.5倍のエキテン!