売れない原因を外部に求めない

売れない原因を外部に求めない

 

【売れないのは誰のせいでもない】

 

・お店の場所が悪い
・大手のライバル店が近所にオープンした
・景気が悪いから
・インターネットのほうが安いから
・買わない人間ばかり来る

 

あなたは売れないからといって、他人や外部環境のせいにしていませんか。

 

いいえ、売れないのは誰のせいでもありません。すべて、あなたの責任です(キッパリ

 

あなたが売れないのは「あなたが売っていない」だけ。

 

その証拠に売れている店は売れています。すべての店が売れていないわけではありません。売れている、儲かっている店は儲かっています。まず、そのことを認識してください。

 

店の場所が悪いなら、最初からそこでオープンしなければいい。
大手が来たら大手に負けないように工夫すればいい。
バブルが崩壊して不景気といわれるようになって、もう何年たちますか。一生、不景気が続くのでしょうか。
インターネットのほうが安いなら、あなたもインターネットで売ればいい。
買わない人間ばかり店に呼んでいませんか。相手をしていませんか。

 

決めたのは誰ですか。判断したのは誰ですか。すべきことをしていないのは誰ですか。そう、あなたです。

 

ここではホビーショップだけでなく、物やサービスを売るリアル店舗に役立つ考え方をお教えします。

 

 

 

【店主に暇な時間なんてない】

 

 

よく勘違いされますが、わたしたち店主は「好き」だからホビーショップをやっています。でも誤解しないでください。

 

「好きでやっているけど、遊びでやっているわけじゃない」のです。

 

お客様が店内にいない時もするべきこと、やるべきこと、しなければならないことは山ほどあります。店主に暇な時間はありません。

 

・ツイッターで入荷商品のお知らせ
・ブログを書く
・ホームページを更新する
・通販商品の梱包や発送
・商品を並べる
・陳列を変更する
・POPを書く
・事務作業
・メールなどに返事をする
・新商品の情報を収集する
・問屋に発注する
・アフィリエイト作業

 

ご覧のとおり、接客以外にもすることはいくらでもあります。

 

もちろん常連さんや買う気のあるお客様が来れば、これらの作業を中断して「接客(お相手)」しなければなりません。

 

 

 

【接客を誤解しない、誤解させない】

 

 

接客(せっきゃく)とは、何でしょう。客を接待することです。

 

ここで誤解が生まれます。客とは「あなたから商品やサービスを買ってくれる人」のこと。

 

買わない。買う気はないけれど話がしたいので来た。買わないけれど暇つぶしに来た。これは客ではありません。困った人です。

 

店に入れば売り上げが発生する飲食店とちがい、ホビーショップは何時間と買わない人間が居座っても、売り上げ0円が普通にありうる業種なことに注意が必要です。

 

あなたが接客すべき、時間を使う、気を使うのは「あなたから買ってくれるお客様」であることを忘れないでください。

 

 

 

【あなたから買う人は誰か。よく考えよう】

 

 

あなたから商品を買う人は誰ですか。300円のトレカなら、小中高生もお客様の対象になるでしょう。1万円以上の美少女フィギュアなら、18歳以下では買いたくても買えません。

 

誰でもいいから買ってほしい。そんな短絡思考に陥ると、あきらかに買えない(買わない)人にまで無駄な時間を費やすことになります。

 

あなたの売っている商品を買える、買ってくれる人は誰か。よく考えて接客しましょう。

 

 

 

【客に飽きられない店づくりをする】

 

 

アイドルグループのAKB48やモーニング娘。このグループに共通するのは、常に新陳代謝を繰り返していること。

 

新メンバーの加入。既存メンバーの卒業。定期的に新しい風を取り入れています。だから、いつも新鮮。ファンを飽きさせません。

 

では、お店はどうでしょう。いつ行っても新商品が入荷しない。売り場がまったく変化していない(売れていない)。ハッキリいって、つまらない店。

 

意識して、お客様に飽きられない店づくりをしましょう。ホビーショップの場合は簡単。

 

・新商品を仕入れて並べる
・売り場の陳列を変化させる
・ポスターを張り替える

 

です。

 

売り場を常に新鮮に保ちます。たとえば、いちばん下段にあって目立たずに売れない商品を目線の高さ(ゴールデンゾーン)に移動する。メーカー別陳列を作品別にするだけでも、売り場は驚くほど変化します。

 

売れない商品がいつまでも鎮座していると、売り場に変化がおこりません。あえて損切り(赤字で処分する)する手もあります。超人気商品と在庫商品を組み合わせて、クジや福袋を作り、在庫を減らしてもいいでしょう。

 

 

 

【売り込みは絶対にしない】

 

 

売るのが商売とはいえ、無理やり買わせたり、売り込みをしてはいけません。売り込みは、お客様に拒否反応を起こします。

 

無理やり売りつけると、あとからツイッターやブログで拡散され、お客様が来なくなる悪循環になりかねません。

 

だからといって、明らかに買わない、買う気のない人を相手にする必要はありません。

 

売り込みをしないかわり、買わない人は相手にしない。

 

個人店はそれが接客の基本です。

 

 

 

【美少女フィギュア専門店 限定市場の接客】

 

 

わたしが売り込みをされるのが大嫌いなので、お客様にも売り込みは一切しません。

 

売り込みはしないかわりに買う気がない、買わない人間は相手にしません。

 

そのかわり買ってくれる人には全力で尽くします。なぜなら、わたしの店は友達の自宅ではなく、お店ですから。

 

無料であなたの店を宣伝する。時間はたった2分【エキテン】

 

 

 

>>買わない客の特徴、買わない人を見抜く方法とは