美少女フィギュア専門店 限定市場

美少女フィギュア専門店 限定市場(静岡県静岡市清水区)

 

あなたの街のホビーショップ探訪は、玩具屋開業アドバイザーの店長(みせ・のばす)が、全国のホビーショップにお邪魔して「いかに開業を成功させたか」という極意をお聞きするコーナーです。

 

店主様のご希望があれば、あなたのお店の「改善点」や「分析」「気づいたところ」など無料でアドバイスさせていただきます。

 

まず手始めにわたしのお店、美少女フィギュア専門店・限定市場(げんていいちば)から取材をスタートします!

 

 

 

【いつ開業しましたか】

 

 

2008年1月10日から開業しました。

 

 

 

【開業前は何をしていましたか】

 

 

スーパーの肉屋の店長、飛脚急便のセールスドライバー、大型トラックの運転手などをしていました。アルバイトでは、スーパーのレジやガソリンスタンドも経験しています。

 

小学生の頃からアニメや漫画が大好きでした。いわゆるオタク。リアルなファーストガンダム世代です。

 

美少女フィギュアと出会ってからは自分でコレクションしたり、レンタルショーケースやオークションで売っていました。

 

 

 

【開業のきっかけ】

 

 

きっかけはいろいろあります。平均寿命の半分を過ぎたこと。このまま好きなことをせずに人生が終わって後悔するのではないかと考えたこと。

 

わたしの開業の一年ほど前にオープンしたコレクション・ピピさんに刺激を受けたこと。

 

働きながら静岡大学の法学科に通って法律家を目指していましたが、法科大学院の受験に失敗したこともきっかけです。

 

 

 

【扱っている商品(美少女フィギュア)は好きですか】

 

 

もちろん好きです。ホビーショップに限りませんが「ただ儲かるから」という理由ではじめると、儲からなかった場合に心が折れます。

 

基本、扱う商品が好きであることが第一です。

 

 

 

【どうして美少女フィギュアを選んだのですか】

 

 

好きだから。

 

これでは一言で終わってしまいますが、マックスファクトリーさんの霞(かすみ)を見たときは衝撃的でした。それまでのフィギュアは泥人形のようでポーズに動きがなく、顔は似ていない、スカートの中は埋まっていたりして、とてもフィギュアと呼べるような製品はありませんでしたので。

 

ランチェスター経営ではありませんが、わたしの開業したころはまだ美少女フィギュアという製品が世間にそれほど認知されていませんでした。美少女フィギュアの専門店なら、ライバルも現れないし一人勝ちできると考えたのです。

 

鑑定団などの中古買取販売店が新品販売で参入してくる様子もなかったため、勝てなくても負けることはないなと判断しました。

 

もちろん、いくら好きでも売れなければ店が潰れますので売ることも大好きです。

 

 

 

【お店の場所はどう決めましたか】

 

 

自宅の近くにシャッターが閉まったままの元・個人旅行代理店(ミナト観光)さんがあり、大家さんに「貸してくれませんか」と声をかけたところ敷金・礼金不要のうえ、直接格安で店舗を借りることができました。

 

店のあるエスパルス通り商店街は、静岡市清水区では車通りも多く、比較的明るく清潔。バスも2系統走っています。徒歩5分のところに大型商業施設のエスパルスドリームプラザがあることもコバンザメ商法にぴったりの立地でした。

 

自宅から近い(徒歩15分圏内)。人通り・車の交通量も多い。家賃が安い、ことが決め手です。

 

 

 

【店名の由来を教えてください】

 

 

まだアニメイト静岡店がトップセンタービルの四階にあったころ、一階にめがね屋の眼鏡市場がありました。あとは察してください。コミックの限定品を扱えば売れるかな・・・と安易に考えたこともあります。

 

いまでは「フィギュア市場(いちば)」または「フィギュア天国(てんごく)」にすればよかったと思っています。

 

 

 

【看板にコミックとありますが】

 

 

これは反省しています。開業時に扱う商品を美少女フィギュア一本でいけばいいのに、コミックも並べれば売れるのではないかと手を広げてしまいました。

 

ランチェスター戦略の観点から考えても大失敗。当時は、美少女フィギュアが売れなかった時の保険としてコミックを考えてしまったのです。

 

清水区にはコミックの限定版(フィギュアやBD、小冊子が付属した特装版)が、ほとんど入荷しないことも、コミックを扱った理由です。

 

開業して4年目くらいまではコミックも扱っていましたが、売れないこと、その場所にフィギュアを置きたいので店頭からコミックを撤去しました。

 

 

 

【定休日、営業時間の決め方を教えてください】

 

 

定休日と営業時間の決め方にもあるように、じっさい3カ月ほど無休で営業して一人もお客様が来ない曜日を定休日に決めました。ただし、たまに定休日に営業するとお客様が来ることもあります。

 

定休日に正解はないのかもしれません。一つ言えることは「サービス業は人が休んでいる時こそ働け!」ですね(現在、母の介護のため日曜日のみの営業に変更しています)。

 

営業時間は、午前中に野暮用をすませてから開店したかったのでお昼からにしました。ちなみに、静岡市街中のアニメイトさんが10時半、メロンブックスさんが11時開店。よほど近くにライバル店があるなら別ですが、清水区なら昼に開けても問題なしと判断しました。

 

閉店時間は、店のあるエスパルス通り商店街が19時に多くの店が閉まるため、あわせました。

 

 

 

【顧客ターゲット(理想のお客様のイメージ)を教えてください】

 

 

40歳の男性会社員。ある程度は自分の自由になるお金をもっている。月に一度はフィギュアを買う。

 

理想のお客様は常連のNさん。

 

 

 

【あなたの店の一番!を教えてください】

 

 

日本初の美少女フィギュア専門店(リアル店舗)であること。

 

アルター、グッドスマイルカンパニー、スカイチューブといった新品で完成度の高い美少女フィギュア(スケールモデル)の品ぞろえなら秋葉原にも負けません。

 

なお当店はインターネットで宣伝もしている小売店です。営業日には、たくさんのお客様がご来店されます。残念ながら数年前に発売され、再販されないためプレミア価格になっているような美少女フィギュアの在庫はございません。

 

お宝探しが目的の方は他店をご利用ください。

 

 

 

【接客で意識していること】

 

 

自分が売りつけられることが嫌いなので、売り込みはしません。基本、放置プレイです。

 

ただし、お店なので「買ってくれる人だけがお客様」と考えています。話をしたいだけの買わない人間は相手にしません。

 

予約もわたしが常連と認めた方のみお受けしています。その場合は前金もいただきません。ただしキャンセルされた場合は常連さんでも一発で出入り禁止です。

 

接客に戻りますが、在庫が一体の場合「これで最後。追加の入荷はありません」と伝えますし、仕入れてはみたけれど微妙なデキのものは「○○のほうが完成度高いですよ」と本音を言ってます。

 

もちろん、本当に買ったほうがいいものは「これは買って後悔しません」「次に来たときはない可能性が高いです」と伝えます。

 

最終的に買う、買わないの判断はお客様にゆだねます。押し付けて買わせたり、騙して売ってもいいことはありませんので。

 

 

 

【開業するために参考にしたお店や本などを教えてください】

 

 

静岡県内で参考にした大手の店はアニメイト、らしんばん、鑑定団、駿河屋(エーツー)、ボークス静岡、文教堂、江崎書店、お宝中古市場など。個人店はコレクション・ピピ、オンタイム、ドロドロ、総進撃など。開業してからはアゾン、コトブキヤなど秋葉原のショップも。

 

本は神田昌典、D・カーネギー、小阪裕司、藤村正宏などのビジネス書をいろいろ読みました。おススメの本は「開業に役立つビジネス書」で紹介しています。

 

 

 

【どんな客とつき合いたい。どんな客とつき合いたくない】

 

 

わたしから買ってくれる人と付き合いたい。尊敬できる、好きな人と付き合いたい。

 

付き合いたくないのは買わない人。店に来てまで買えない言い訳をする人。マナーの悪い人。商品を大切に扱わない人。大勢でやってきて騒ぐ・はしゃぐ人。

 

 

 

【お客様をえこひいきしていますか】

 

 

もちろん。わたしが立って話し相手をするのは常連さんのみ。予約を受けるのも常連さんだけです。ほかにも買ってくれた人には秘密のプレゼントをしています。

 

買わないけれど話相手になってください、買わないけれど友達になってくださいという方は速攻でお帰り願います。お店なので。

 

 

 

【宣伝・集客方法を教えてください】

 

 

リアルでは口コミ、チラシ。ネットではホームページ、ブログ、ツイッター、メルマガ。通信販売はやっていません。

 

 

 

【ライバルに負けないために考えていることを教えてください】

 

 

スケールの美少女フィギュアの品ぞろえと、商品知識を徹底的に極める。情報発信を続ける。

 

 

 

【将来の夢はありますか】

 

 

いまは賃貸ですが、いつか自分の店をもちます。無料で誰でも入れるフィギュアのショールームを作り、発売前の美少女フィギュアのサンプルを展示する。

 

売り場は常連と認めた方だけ入室できるようにする。具体的には、3回以上買うことが条件。冷やかし、本気でない人間は売り場に入れない。

 

アゾンのドールの専門店も開業したい。店名はドール沼またはドール地獄、ドール天国。

 

あとは猫が好きなので、処分されそうな猫をひきとって店内で自由に遊ばせたい。

 

 

 

【開業したい人に向けて何かアドバイスはありますか】

 

 

好きなホビーで開業したい。とても素晴らしい目標です。

 

けれど夢は願うだけ、思うだけでは実現しません。ホビーショップの現実を知り、それでも本気で開業したければ行動あるのみです。

 

いつかあなたのお店に取材に行けることを楽しみにしています。

 

 

 

【開業から10年を振り返る】

 

限定市場

 

美少女フィギュア専門店の限定市場は、2008年1月から開業し、無事に10周年を迎えることができました。

 

これもいつも買ってくださるお客様のおかげです。ありがとうございます。

 

10年を振り返ると、本当にいろいろなことがありました。たとえば以下のような出来事がありました。

 

・フィギュアの定価があがった
・フィギュアの仕入れ値があがった
・家賃が値上げされた
・母の介護のため、営業を日曜日のみにした
・18歳未満の入店をお断りした
・入店を一度に1名だけにした
・常連様感謝デーをはじめた

 

フィギュアの多くが中国で生産されています。物価と燃料費、工賃の上昇をうけてフィギュアの定価がかなり上がりました。たとえば可動モデルのfigmaは2500円程度が7000円以上に。ねんどろいども3000円程度だったものが5000円を超えています。さらにスケールモデルは1/7スケールで3万円近くのものも登場。

 

ようは仕入れ値があがり、利益率も下がりました。利益が減ったのです。あるメーカーは1万円のフィギュアを売って600円しか利益がありません。わたしが開業した時と比べ、利益をとるのが難しくなっています。そんななか、家賃が月3000円値上げされました。

 

大きな事件は母親の介護が必要になり、店の営業日を日曜日だけにしたこと。フィギュアの価格が全体にあがったため、顧客ターゲットから欲しくても買えない小中高校生を切ることにしました。清水区の三保にある東海大の学生も来なくなりましたね。

 

具体的な入店制限の方法ですが、年齢制限をつけ小中高生を店に入れなくしました。しかし、18歳以上でも冷やかしが減りません。2名以上になると格段に買わなくなる、マナーが悪くなるため、一度の入店も1名に制限しました。

 

美少女フィギュアを買えるお金と買うという意思をもっている常連さんたちは恥ずかしがり屋さんが多く。冷やかしが店内に入ってくるとソワソワしたり、店に気を使って帰ってしまいます。けれど冷やかしは何も買わず、売り場を荒らしていくだけ。

 

一人で7万円使う常連さんと、買わずに売り場を荒らしまくって帰る冷やかし。どちらを大切にすべきでしょう。答えは常連さんです。そこで常連さんにゆっくりと買い物を楽しんでいただくために「常連様・感謝デー」を設けました。

 

いつも買ってくれる常連さんのみ入店できるようにして、具体的な商品名・メーカー名・キャラクター名を入店時に伝えたお客様には店内を見せずに販売だけすることにしました。もちろん買ってくださるならお客様。商品を買ったあとなら店内を自由にみてもらうようにしています。

 

結果は大成功。買わない冷やかしを相手にしなくてすむのでストレスも減り、常連さんもゆっくりと買い物とわたしとの会話を楽しんでもらえています。

 

とうぶんは常連様・感謝デーを続けていきます。

 

 

 

【美少女フィギュア専門店 限定市場 基本情報】

 

 

所在地 静岡県静岡市清水区港町1-5-9
営業日 日曜日のみ(変更あり)
営業時間 12-19時
電話番号 054-398-9814
駐車場 無し
限定市場 ホームページ / ライブドアブログ
玩具屋開業アドバイザー・店長(みせ・のばす) アメーバブログ / ファンブログ / メルマガ / ツイッター

 

追記・メルマガはメルマガスタンドが不調のため、現在は配信を停止しております。

 

 

 

>>あなたの街のホビーショップ探訪 TCGショップ コロッサス(静岡県静岡市葵区平和3丁目) トレカショップ