お店とは。お客様とは誰のこと

お店とは。お客様とは。商売とは。

お店とは。お客様とは誰のこと

 

【商売の基礎知識】

 

ここでは商売の基礎知識を学びます。

 

自分の夢の城でもあるリアル店舗、ホビーショップの開業を夢見るあなたに質問です。

 

以下の質問に答えてください。

 

「お店とは、何をするところですか?」
「お客様とは、どんな人のことを指しますか?」
「商売とは、どんなことをしますか?」

 

はい、30秒間はしっかり考えてください。それでは答えを見ていきましょう。

 

 

 

【お店とは何をするところ】

 

 

お店とは、あなたが扱う商品やサービスを売る場所、買う場所です。

 

もちろん、あなたの好きな玩具や雑貨、商品を好きなように仕入れ、好きなように並べられる楽しい場所でもあります。

 

あなたのお店は、同じ商品を好きな人たちが集まる素敵な場所。ファンにとって心のオアシスになることでしょう。

 

けれど忘れないでください。お店を維持するには売上げがなくてはいけません。

 

リアル店舗には固定費である家賃、光熱費、通信費、自治会費など、黙っていても毎月必ず出て行くお金があります。

 

お店を続けるためには、売るという「行為」と、売上という「結果」が必要不可欠。

 

お店は友達の自宅でもありませんし、無料で会話が楽しめる休憩所でもないのです。

 

 

 

【お客様とは誰のこと】

 

 

お客様とは

 

・あなたが扱う商品やサービスを買ってくださる人
・買ってくれるお客様を連れてきてくれる人

 

です。

 

それ以外は、冷やかし。お店に来た単なる「人」でしかありません。

 

あなたはお店をはじめた時から、あなたのお店を

 

・知ってもらう
・来てもらう
・買ってもらう
・そのお客様にリピーター(常連客)になってもらう

 

行動が必要になります。

 

勘違いしないでほしいのは、わたしは「買わないのなら店に来るな」とか「買わない人間は客じゃない」と言いたいのではありません。

 

あなたがお金持ちで「趣味で店やってるよ」とか、道楽でお店をやっていて「売れなくても全然かまわないよ」ならかまいません。好きにやってください。生活かかっていませんから。

 

けれど、ほとんどのショップオーナーは生活がかかっています。いくら好きなことを仕事にしているとはいえ、遊びでやっているわけではないのです。

 

開業すれば、黙っていても店舗の家賃や光熱費、自宅のローンや家賃、生活費であなたの大切な貯金が消えていきます。

 

そして商品が売れなければ、問屋で仕入れることも支払いもできません。いつか家賃だって払えなくなります。あなたの貯金が底をついたら店は終わり。廃業です。

 

だからこそ、一番はじめに「お店とは何をするところか」「あなたにとってお客様とは誰か」をハッキリさせていただきました。

 

 

 

【商売とは、どんなことをするのか】

 

 

インターネットの検索エンジンで「商売とは」で探してみました。

 

コトバンクによれば、商売とは「利益をあげる目的で物を売り買いすること」とあります。

 

ホビーショップの開業も商売です。利益をあげなければ店を続けることもできません。

 

趣味で楽しんでいるあいだはよかったかもしれませんが、商売は物やサービスを売買し、利益をあげる結果が必要になるのです。

 

あなたは商売人にならなければいけません。

 

お客様が手に入れて喜ぶ商品を売り、感謝され、利益を手に入れる商売人になりましょう。

 

利益とは、お金。お金がなくてはお店を借りることもできません。商品を仕入れることもできません。

 

好きなことでお店をはじめるためには、「好きという気持ち」と「売るという行動」。どちらも商売人が捨ててはいけない、忘れてはいけないものなのです。

 

 

 

【あるホビーショップの一日】

 

 

わたしの美少女フィギュア専門店・限定市場では、1日にだいたい5人から10人ほどの人がいらっしゃいます。

 

けれど、商品を買うのは10人のうち1人か2人。下手をすれば0人。ほとんど冷やかしです。

 

ホビーショップは、飲食店のように「店に入ったら確実に売上が発生する業種」ではありません。どんなに店内に人がはいってきても。どんなに長時間接客しても、売上がゼロなんて日常茶飯事。

 

むしろ買わない人の話相手をさせられて、時間ばかりが過ぎるなんてしょっちゅうです。

 

無料であなたの店を宣伝する。時間はたった2分【エキテン】

 

 

 

>>あなただけのUSPをもとう